So-net無料ブログ作成
検索選択

第1回本庄早稲田「食の安全シンポジウム」に参加して [新しい出会い]

ブログの更新が久しぶりになっています。
冬季はあちらこちらでイベントあり、社内も忙しく酵母仕込に追われている。
それの一つが昨日終わりました。
第1回本庄早稲田「食の安全シンポジウム」です。
新幹線の本庄早稲田駅に隣接する本庄早稲田リサーチパーク内で行われました。

約15ほどのテントでの販売。展示。それと各企業やグループ団体の説明会。
そして「安部 司」さんの基調講演。

前日はどんよりと曇り。その中で有志が集まって、テントを設営。暗くなってからの作業で大変な思いをしたらしく。その武勇伝を翌日に聞く。

シンポジウム当日は早朝から雨になり、最悪のスタート。
午前中はしばらく強く降りつけるなど出足は最悪。
ところが、午後になり午前中の雨が嘘のよう。

安部氏の基調講演にはこの界隈の方々が130名集まったとか。
その130名が「食品の裏側」をしっかり覗いたに違いない。

「何を食べたらいいのか」と「裏側」にはしっかりとした信念や心意気を感じられた。

本庄早稲田に集まる、農家さん、食品加工、消費者、すべての人が集まる会はこれまで少なかったか無かったようです。生産する側で集まると何かしら触発されて「こうしよう」「ああしよう」と思いが交錯するのが何かと楽しいんです。消費者の方も食い入るように話を聞いてくれる機会はあまりないこと。そんな機会に巡り合えた生産者やグループは発表の10分もあっという間だったに違いないでしょう。
説明した後に幾人かはその後、お目にかかると、糀の話や酵母の話を聞いてくれました。
そんなことで、出店させて頂けて、色々とためになる話になりました。

さてさて、夜の部は大ブレーク。
パンの添加物のあれやこれや。これは使っている人は一部しか知るまい。
知っていたら怖くて使えない。
イーストフードのできた頃の話とか、普段は聞けない内容ばかりでした。
書きとめることができなかったのが残念な内容。一晩では添加物の物語は語り尽くせない。

無添加で製造する自分たちにとって180度視野が異なる立場ですが、
そんな中で食べ物の大切さを改めて感じた一日でした。
oohirato.JPG
mogi.jeg.jpg



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

minosuke

minosukeのmogiです。
ブログを発見したので初コメです(*^。^*)

食の安全シンポジウムではお世話になりました。最後まで出たかったのですが、あの後は安産教室に行って参りました。ラマーズ法のお勉強!

安部先生の講演会聞きたかったです。イーストの話も興味あり!です。うちの従業員の中にも安部先生の本を読んでから、食事が変わったという人がちらほらいます。でも、その人たちは残念ながら仕事のため講演会に参加できず…。可哀想…。

製造スタッフの写真も載せていただき感謝です。

おからクッキーもありがとうございました。

ところで、おからや豆乳生地のあんぱんとか、きな粉パンは作れますか?
4月18日、19日にイベントがあり、販売できたら良いなぁ~と思っています。
by minosuke (2009-03-17 16:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。