So-net無料ブログ作成
検索選択

小麦粉の価格の決まり方 [新しい出会い]

先日、小麦粉価格の改定に関する旨、HPでも公開されましたので周知のことと存じます。
日清製粉の価格改定の発表記事です。
http://www.nisshin.com/company/release/details/130328_512151.html

これは色々な背景が絡み、価格上昇となっています。
ウクライナの干ばつ→EUが小麦不足→オーストラリアに買い付けに行く→オーストラリアが干ばつ・水害で縮小→高くなる

中国・インドが買い付け→アメリカ・オーストラリア→オーストラリアが干ばつ・水害で縮小→高くなる

北米の干ばつ傾向にあるというニュースもある。
その中で、行政が決めた価格についての取り決め。
http://www.maff.go.jp/j/study/yunyu_migirule/01/pdf/data.pdf

国内の播種前契約と並び外国産小麦の半年に1回の価格改定が決まり、そのため、場合によっては年に2回の小麦粉の価格改定とも言える状況。
小麦粉価格の決まり.jpg

価格だけでなく、収穫量や購入量など様々な要因で今後の小麦の入手方法に不安が残る。


北海道の麦作の輪作体系が壊れつつある中でTPP参加との情報。
ビート糖を植えなくなると、輪作体系の一つが消える。大豆・小豆が消えたら、次は麦なんだろうか。

不安を抱える中で、製パンは国産小麦粉100%に2013年4月に切り替えた。
国産小麦粉のパンはとても美味しいと評判です。
「良かったね。切り変えして。」と言われてほっとする。

これからも糀から作る天然酵母パン屋
http://www.e-panyasan.com/


タグ:小麦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。